NS北海製線株式会社
  >>サイトマップ  
Home
会社概要
事業紹介
製品案内
採用情報
電子広告
お問い合せ

サイトのご利用について
 
事業紹介
 
製造工程
  • 鉄線
    素材となる線材のスケールを除去した後、引き抜きダイスを通して伸線し、所定の形状・線形に成形します。
  • 針金
    鉄線を焼鈍したあと、塩酸槽等を通して表面肌を整え、最後にめっき槽でめっきを施します。
  • PC鋼棒
    特殊線材を伸線した後、高周波誘導加熱装置で熱処理を施します。
  • アンボンドPC鋼棒
    PC鋼棒に、強接着合成樹脂を被覆します。
 
独自商品
  • 高耐食性 亜鉛―10%アルミ合金めっき鉄線(シュールジンクワイヤー)
    主として、護岸用のかごマット用金網の素材として開発された商品です。従来の亜鉛めっき鉄線の数倍の耐食性を持ち、加工性にも優れています。
  • アンボンドPC鋼棒
    ポストテンション工法によるコンクリート製品の強度確保のために使用されています。アンボンド皮膜が合成樹脂のため、耐食性、施工性に優れています。




雪印亜鉛めっき鉄線 雪印PC鋼棒
     
連続溶融亜鉛めっき鉄線製造ライン PC鋼棒の熱処理


設備 基数
江別工場
 連続伸線機
 単頭伸線機
 溶融亜鉛めっきライン
 PC鋼棒ライン
 転造設備(転造盤)
 直棒設備(転造盤)
 粉体塗装設備
 ヘッダー・マシン

5基
1基
1基
2基
3基
3基
3基
2基
苫小牧工場
 連続伸線機
 再引き伸線機
 連続焼鈍炉
 番線機設備
 結束機設備
 製釘機(普通丸釘)
 製釘機(特殊釘)
 製釘機(連続釘)
 直線加工機

6基
3基
1基
2基
13基

34基

10基

 
(C)2008.NS HOKKAI SEISEN Co., Ltd.. ALL RIGHTS RESERVED.